フードコーディネーターの資格が人気です|食の仕事を目指す

ウーマン

通う学校を選ぶ

女の人

他の専門学校と同じように、製菓の専門学校も選ぶ際には情報収集が必要になります。情報収集は今ではインターネットで簡単にできるようになっていて、地元だけでなく県外にある専門学校も探し出せます。

More...

パリや憧れのお店で働く

食べ物

製菓の専門学校の中には、製菓の本場のパリで直接技術を磨くということができるプログラムを行っているところもあります。技術やデザインを学ぶだけでなく、人気店のレシピや本場ならではの高い技術を身につけるということが可能です。専門学校ではフランス語の授業も行なわれており、1年はみっちりと日本で学んでもう1年はパリで学ぶということが可能です。なお、パリで学ぶ際にそのままお店に就職するということもサポートされています。日本に帰ってきて自分でお店を開くという人や、有名店に入り技術を磨いていくということも可能で、いずれにせよ今後パティシエとして活躍する際にも非常に役に立つ経験を積むことができます。また、フードコーディネーターを目指したい人にとっても、このような専門学校はぴったりです。食にはおしゃれさも求められるので、フードコーディネーターについて学ぶと、製菓にも役立てられるでしょう。

製菓の専門学校を選ぶ際には、実際の就職実績を見て選ぶということもできます。もし、入りたいお店がすでに決まっているという場合は、そのお店に過去に就職している人がいるかどうか調べていくことも大切です。過去に就職している人がいるという場合、独自のネットワークができているということもあります。実際に話しを聞くようなことが出来る機会があるということもあり、自分の予想外の所から思わず話が出てくるようなことがあります。また、就職実績は学校のホームページや資料で確認することができます。他にも、実際に学校に行ってみることにより、実際に授業を受けている風景を見ることで自分に合った学校か判断することができます。オープンキャンパスや、実際に製菓を販売するイベント等に行くことにより、学校がどのような授業を行っているのか、自分に向いている学校か知ることができます。

学びに制限なし

婦人

製菓の専門学校でも、他の専門学校と同じように社会人を経験してから入学するという人もいます。そういった人たちのために、ある製菓の専門学校では特殊な授業システムが提供されています。

More...

パティシエを目指すには

女性

パティシエになるための方法としておすすめなのが、製菓の専門学校を卒業してさらに洋菓子店で修業を積む方法です。製菓の専門学校は数多くあり、それぞれに特徴がありますので、よく比較した上で自分に合ったところを選ぶようにすると良いでしょう。

More...